--- tags: [review] sr-due: 2022-10-07 sr-interval: 73 sr-ease: 270 --- # フォッグ行動モデル the Fogg Behavior Model (FBM)。 行動が起きるには「[[動機づけ|モチベーション]] (Motivation)」「能力 (Ability)」および「[[きっかけ]] (Prompt)」の3要素が同時に集まる必要があるという BJ Fogg 博士が提唱する行動モデル。 ```mermaid graph LR 行動 --- モチベーション 行動 --- 能力 行動 --- きっかけ ``` ``` B = MAP ``` 「フォッグ式消費者行動モデル」「フォッグ式行動モデル」と訳されることが多い。 - https://behaviormodel.org/ 分かりやすく解説されている BJ Fogg 氏の著書『[[習慣超大全]]』が理解するのにおすすめ。 ## プロンプトとトリガー きっかけについて BJ Fogg 博士は当初「トリガー (Trigger)」と呼んでいたが、2017年後半に「プロンプト (Prompt)」という用語を使うようになった。 > (I once called this element the “Trigger.” I changed this term in late 2017. Now I use “Prompt.”) > — Prompts | behaviormodel - Fogg Behavior Model. https://behaviormodel.org/prompts/, (参照 2022-03-16) ``` B = MAT ``` ## フックモデルとフォッグ行動モデル 4つのステップを踏むことで人間の行動を習慣付けさせる「[[フックモデル]]」では「トリガー」に続く「アクション」を起こさせる考え方としてフォッグ行動モデルを紹介している。 ## 関連ノート **[[動機づけ|モチベーション]] **[[きっかけ]]** ## 参考文献 BJ Fogg. [[習慣超大全]]. ダイヤモンド社, 2021年5月25日. ニール・イヤール, ライアン・フーバー. [[Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール]]. 翔泳社, 2014年5月23日. <div class="last-updated"> 公開日: 2021-02-02 (2021-02-22 に #nNote から移動) / 最終更新日: 2022-05-06 </div>